特別な日のレンタル着物

レンタル着物で素敵な思い出を作ろう

レンタル着物で式典・七五三・お出かけもバッチリ

レンタル着物で式典・七五三・お出かけもバッチリ レンタル着物がいかに便利なのかをご紹介したいと思います。
昨今のレンタル衣装店は一昔と違い、その着物に必要な小物も全て貸し出し、もしくは販売してくれるところがほとんどです。
よって手ぶらでレンタル着物を楽しむことができます。
足袋や下着などの汚れるものは1,000円~2,000円で販売してくれたりと、足のつま先まで用意してくれるので、「洋服で手ぶらでレンタル店に行って、そのままお出かけ」することができます。
一昔までは「腰紐や下着、足袋はご自分で用意してください。
」というお店が多かったので、買い物をしてからの店内入りで、着付けは美容室に走らなければならなかったのですが、着付けやヘアメイクもレンタル衣装店にて一式取り扱っているところが多いので安心です。
七五三などお子様がぐずってしまうシチュエーションも、気のいい着付け師さんがあやしながら楽しく着付けをしてくれます。
好きな着物をその場で選んで着付けして、ヘアメイクを施してもらい、そのまま手ぶらでお出かけ。
本当に気軽に着物が楽しめる時代になりました。

レンタル着物は「正装」の場面に強い

レンタル着物は「正装」の場面に強い 身内の結婚式や子どもの入学式など、さまざまなシーンで着られることの多い着物は訪問着です。
家紋の入らない訪問着は正装を略したものになりますが、結婚式や披露宴、お宮参り等にも着ることが出来ます。
また、お茶会や歌舞伎観劇、祝賀会などでおしゃれをする際にも使えます。
家紋が入ると正装に格上げになり、留袖や振袖と同じ扱いになります。
但し、家紋が入ると使うことのできる場面が少なくなりますので、レンタル着物で家紋なしのものを着用するというのが一般的になっています。
正装としての着物は、格が上ということよりも、その場に相応しいものであるかどうかということが重要となりますので、高い買物と言える着物を購入する際にはよく考える必要があります。
レンタル着物はさまざまな種類も取り揃えられていますので、その点では色も柄も選択肢が多く、着物の維持への不安もないことから、需要も多くなっています。
留袖だけでなく、訪問着でもレンタル着物の活躍は注目を集めています。