特別な日のレンタル着物

レンタル着物で素敵な思い出を作ろう

もしレンタル着物が破けてしまったら…

レンタル着物が破けてしまったら 成人式や卒業式、結婚式などの特別な日に、羽織袴や振袖を着る人が増えています。ただ、これらの晴れ着を購入している人は減っていると言われており、レンタル着物で借りる人が多くなっています。着物を購入する場合、費用が多額になることに加え、保存が難しいことから、若年層を中心にレンタル着物で気軽に着物を借りる人が増えています。
レンタル着物の普及によって、借りた着物を汚してしまったり、破けてしまったりするトラブルも増えています。レンタル着物は借り物であり、購入すると高いものであるため、大切に取り扱う必要があります。
日常生活で発生する多少の汚れや汗などによるシミなどについて、問題になることはあまりありませんが、破けてしまったりすると弁償する必要が出てきます。
レンタルした着物が破けてしまった場合、自分で修復しようとせず、そのまま借りたお店に持って行くことが大切です。自分で何かしようとすると、さらに破損がひどくなる可能性があります。

レンタル着物を借りる時に、弁償などについては確認しましょう

弁償などについては確認しましょう 成人式や卒業式に振袖などを着る人が多くなっていますが、最近はレンタル着物の利用が人気になっています。振袖は高価であり、着る機会がそれほど多くないことから、リーズナブルなレンタル着物を選ぶ人が増加しています。
ただし、レンタル着物で気になるのは、ひどく汚してしまったりした場合などの対処方法です。レンタルする着物の場合、雨が降った日に少し汚れることや汗のシミがついてしまうことなどは起こることです。この程度の汚れについて、弁償を求められるケースはほとんどありません。
しかしながら、食べ物や飲み物を着物の上にこぼしてしまい、大きなシミがついてしまった場合や、引っ張って破ってしまったり、タバコで穴をあけてしまったりすると、弁償する必要が出てきます。
レンタル着物を借りる際、弁償などについて確認しておくことが大切になってきます。また、ついてしまった汚れを自分で落とそうとすると、さらに状況が悪化する可能性があります。